カフェを開業してさらなる利益を生む|廃れのない分野

男性

激戦区を勝ち抜こう

スーツの男性

ラーメンは国民食です

ラーメンと言えば元々は中華料理の1つです。中華料理には刀削麺とよばれるような麺料理なども豊富で、日本でイメージするラーメンとは味も異なったものが主流です。日本ではラーメンは、第2次世界大戦後中華そばなどの名称で進化を遂げ、カップ麺の開発やチェーン店の誕生など押しも押されもせぬ国民食にまで成長しました。現在は様々な味のバリエーションが存在し、醤油やみそ、塩はもちろんのこと、豚骨や亜流のものまであります。特に都内では激戦区も多く、日々新しいラーメン屋が展開している状況です。ラーメン屋はカウンター席だけで営業も可能なので、坪数が少ない物件でも入居することが出来ます。そのため飲食店のなかでも開業の敷居が低いのです。

有名店で修行をしよう

開業の敷居が低い、と言っても利益を安定させ経営を継続していくためには味がまず確かである必要があります。そこで、様々なラーメン屋について分析してみるとある1つの傾向がわかります。それは「有名店での修行」です。人気の味は常に変動しており、新しく開業するには人気有名店で修業し、暖簾分けをしたり修行経験を名乗る事でラーメン屋としてのポジションを高めることが出来ます。フランチャイズに加盟しない場合には、個人経営になりますから最初から有名店で修業していた、というのはアピールポイントになるからです。また、修行経験が知れ渡ると新規の顧客にも味をイメージしてもらいやすくなります。開業は緊張するものですがリピーターを掴むことで経営がスムーズになるでしょう。