カフェを開業してさらなる利益を生む|廃れのない分野

男性

未知の分野での挑戦

握手

外資可能か確認

インドネシアで会社設立するには、現地のマーケット状況を把握しておくことが大事になります。インドネシアでは、業界によって外資が参入できない分野があるのです。運送会社やタクシー会社は内資100パーセントによって、現地民間会社にのみ営業が許されている業界があります。その業界の会社設立はできないため、注意しておかなければなりません。事前に業種参入可能かどうかを確認しておかないと、せっかく起業しても営業停止になったり、法律に抵触することもありますので、大事な要素です。外資100パーセントで会社設立することができる業界であるかは、投資ネガティブリストで確認することができます。また、国営や地元企業の協力などが必要である業界もあるため、注意が必要です。

撤退する準備も大事

インドネシアでの会社設立の魅力は、まだまだ開発余地が残されている事です。日本では飽和している業界でも、インドネシアではまだまだ改善や発展の余地が残されている事により、大きな収益を期待できます。しかし、その国での業界の発展性は、事前に計画やシミュレーションを立てても、成功するかどうか分からないので、実際に行ってみる必要もあります。そのため進出計画は綿密に立てることが大事なのですが、同時に撤退の方法も検討しておくことが必要です。海外進出が初めての企業は少なくないと思うので、あらゆるトラブルを想定して、進出計画を練る必要があります。また、インドネシアの方々の文化や習慣を事前に学習しておくと、実際に行ったときに戸惑わないかもしれません。